ディスカスな日々

ディスカスの飼育日記。その中で有益な情報を発信していけたらなと思っています。

根気強く続けたフードトレーニングの成果【ドライフードのすゝめ】

f:id:rozsa0302:20190304220202j:plain

ディスカスに限らず観賞魚を育てるにはエサが必要になるわけですがディスカスに与えられるエサは実に沢山あります。

 

生後間もない稚魚の間はほとんどの方がブラインシュリンプ一択でしょうが大きくなってくるとアカムシをメインで育てる方、ハンバーグをメインに育てる方などに分かれてきます。

 

ディスカス用のエサが数多くあるせいで逆に何を与えてよいかわからないなんて方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな中私がお勧めしたいのがドライフードです。

ドライフードは栄養価が高く、安価で水を汚さないとまさに三拍子揃った理想のエサです。仮にハンバーグやアカムシをメインで育てるつもりだとしても魚の調子や水質環境から水を汚すハンバーグやアカムシが使えない場合などのエサとして有効です。

常温で長期間保存できるので一個は常備しておいて損はないです。

 

ただそんなドライフードにも欠点があります。

それはすこぶる食いつきが悪いことです。

 

ハンバーグやアカムシを与えると喜んで食べるのにドライフードを与えると見向きもしないなんてことはよくあります。

 

全然食べないので諦めてしまう方が多いですが根気強くフードトレーニングを行うことで食べてくれるようになります。

f:id:rozsa0302:20190304221937j:plain

私の場合、ブラインシュリンプを与えていたころから少量のドライフードを混ぜて与えていました。

 

最初のうちはこの通り。皆、中に舞うブラインシュリンプに夢中でドライフードはこのように水槽の底に放置されていました。

 

しかし、1週間もドライフードを与え続けていると少しずつ食べてくれる個体が現れ始めます。

f:id:rozsa0302:20190304222425j:plain

一匹が食べ始めるとそれに触発されるように「あ、これ食べられるんだ!」とばかりに連鎖的に食べる個体が増えていくところが面白いところです。

 

1ヶ月で6匹中4匹。2ヶ月で6匹中5匹のディスカスが食べてくれるようになりました。

 

そして最後の1匹が頑なに食べてくれなかったのですが……

f:id:rozsa0302:20190304224622j:plain

ついに最後の一匹も食べてくれました~~!!

いや~、長かった!フードトレーニングを始めて実に半年!

 

ようやくすべてのディスカスがドライフードを食べられるようになりました!

f:id:rozsa0302:20190304224900j:plain最初からよくドライフードを食べていた個体と比べるとずいぶん差がついてしまいましたねぇ…

最後までドライフードを食べてくれなかったこの子は一番小さく、隣のでかいやつは小さいころから何でもよく食べ、みるみる大きくなりました。

 

人も魚も好き嫌いせず何でも食べることが大事ですね!

 

以上のようにディスカスのフードトレーニングは非常に根気のいる作業です。

1週間、2週間与えてみて食べないからと言って諦めないでください。

 

メインのハンバーグを、アカムシを食べてくれるからいいやという気持ちになりがちですがやはり一つのエサだけでは栄養が偏るのでしょう。見事に成長に差が出ました。

f:id:rozsa0302:20190304225505j:plain

根気強く続けて食べてもらう価値がドライフードにはあります。

 

ドライフードを使ったことがないという人は是非一度使ってみてください!

 

食べてくれなかったという方も根気よく与え続けてみてください。きっと食べてくれるようになりますよ!

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
応援クリックよろしくお願いします!