ディスカスな日々

ディスカスの飼育日記。その中で有益な情報を発信していけたらなと思っています。

目指せミジンコマスター!【より安く!より大量に!】

f:id:rozsa0302:20190116235813j:plain

最近はせっせとミジンコの繁殖に励んでいるせいでもはや「ミジンコな日々」になりつつある今日この頃ですが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

いささか、わき道にそれている感じは否めませんがそれでもこれはディスカス達に栄養満点な生餌を安定供給しようという試みですので決して迷走しているわけではないのです!多分…

f:id:rozsa0302:20190117001706j:plain

さて、私が確立した繁殖方法で約1ヶ月近くミジンコを飼育していますが未だしっかり密度を維持できていると思います。

 

ただ難点がひとつ。

 

維持費がたっかい

f:id:rozsa0302:20190114123046j:plain

現在は真冬。外気に合わせた水温ではミジンコたちは死んでしまうのでヒーターを入れています。またエサとして大量に繁殖させることを目的としているので酸欠防止のためエアーを送っています。

 

今は容器が二つしかありませんが仮にディスカスのエサをすべてミジンコで賄うとなればもっと大量のミジンコが必要になります。

 

そうなると容器を増やすことになるわけですがその容器それぞれにエアーとヒーターを使っていては設備費も電気代もあほみたいにかかってしまいますね。

 

なのでここを何とか安くできないかと思案しまして……

f:id:rozsa0302:20190117003341j:plain

水槽の放射熱を利用する手を思いつきました

ディスカス水槽の水温は今32℃に設定してあります。その飼育水が上部フィルターを通って濾過、循環をしているのでその上にミジンコを置けばヒーターなしでも必要な水温を確保できるのでは!?と

f:id:rozsa0302:20190117003704j:plain

こちらは水槽上部に設置時の水温。つまりは水道水の水温ですね。この水温ではミジンコはかろうじて生きていることが出来ますが繁殖するにはかなり厳しい水温。はてさて、ディスカス水槽の放射熱で何度まであがるだろうか……

f:id:rozsa0302:20190117003950j:plain

放射熱やべぇ

約4時間で20℃まで上昇しました!

これは部屋のエアコンを加味しての水温ですがエアコンを消した状態で朝一でみても15℃と十分な水温を維持してくれました!

f:id:rozsa0302:20190117004604j:plain

これならあと2つくらい容器が増やせそうです(笑)

 

とはいえこの環境下でちゃんとミジンコは繁殖できるのか検証が先ですね。さっそく少量のミジンコを入れて実験です!

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑応援クリックよろしくお願いします!