ディスカスな日々

ディスカスの飼育日記。その中で有益な情報を発信していけたらなと思っています。

ミジンコの培養挑戦【6度目】

f:id:rozsa0302:20190114123046j:plain

ミジンコの培養ですが記事にしてないだけで続けていました。

 

なぜ記事にしなかったか。それは失敗というのは結構ダメージがあるのです。FXのトレード記録などを付けていた時もそうですが「今日は負けました」「今日も負けました」「明日も負けます」とブログを更新するのは非常にしんどいのです。

 

どこの記事を読んでも「ミジンコを増やすことは難しい」と論じているブログはありません。簡単に増やせますと書かれているのになぜ私は増やせないのか。

 

そもそも一番最初の時はちゃんと増やせていたのです。

 

www.aquarium-life.jp

 最初の1回だけ成功して後はすべて失敗。なぜ失敗するのか、なぜ最初は成功したのか。最初の環境を思い出しつつ試行錯誤を重ねて培養挑戦6回目。

f:id:rozsa0302:20190114124210j:plain

増えたど~~~~~!!

やっっっっっっと増えました!

 

こうしてみるとゴミが浮いているようにしか見えないかもしれませんが

f:id:rozsa0302:20190114123740j:plain

ちゃ~んと生きたミジンコです!ぴょんぴょん跳ねるように泳ぐので動画ならさらにわかりやすいんですけどね……

f:id:rozsa0302:20190114124013j:plain

さらに拡大するとこんな感じ。ちゃんと教科書で観るミジンコでしょ!

 

苦労して育てたせいかとってもかわいいです。

 

もともとガンプラ撮影用に購入したマクロレンズでしたが微生物を撮るのに大活躍です(笑)

 

f:id:rozsa0302:20190114124544j:plain

さて、喜ぶのはここまで。さっそく株分けです。リスク分散と合わせて条件を変えて培養してみます。

 

これによってどのような環境下だと死んでしまうのか、増えやすいのかを検証していこうと思います。

 

数々の失敗を積み上げてきた経験と今回成功に至った状況を照らし合わせて今現在検証していこうと考えている点はこの3点です。

 

  1. 飼育水の再利用はよろしくない
  2. 水替えは必要なのではないか
  3. エサの量の調節にコツがいる

 

いやいや、ミジンコの培養なんか興味ねぇから(笑)

 

って言葉が聞こえてきそうですがそう言わずに。生餌は非常に優秀なエサです。食いつきも抜群ですのであると何かと便利です。

 

読んでみて、「あ、これなら自分にもできそうだ」と思われたら是非挑戦してみてください。我先にとミジンコに群がる魚たちの姿にきっとびっくりするはずです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑応援クリックよろしくお願いします!