ディスカスな日々

ディスカスの飼育日記。その中で有益な情報を発信していけたらなと思っています。

新たなる生餌、ミジンコ

f:id:rozsa0302:20181018165914j:plain

他のディスカス飼育者さんのブログなどを見ているとディスカスの成長に伴うエサの順番は

ディスカスミルク→ブラインシュリンプ→ハンバーグor赤虫

と言った具合になるのですが私はどうもこのブラインシュリンプ→赤虫がすっ飛ばし過ぎではないかとずっと思っていました。

 

www.aquarium-life.jp

 というのも離乳食として与えるブラインシュリンプは全長0.2㎜ほどの小さなプランクトン、対する赤虫は全長1㎝~2㎝ほどになります。

どう考えてもギャップがありすぎる!

実際赤虫を一度与えてみたことがあるのですがずっと口から赤虫が飛び出してて喉に詰まらせて死んでしまわないかとすごくハラハラしました。

f:id:rozsa0302:20181018180047j:plain

欲張りだね: きょこばの気まぐれ日記

まさにこんな感じです(笑)

というわけでこの間を埋めるちょうどいいエサはないかといろいろ探していたわけです。

そして見つけたのがミジンコとコペポーダです。

最初に与えたのはミジンコでしたがこれはとにかく食いつきが悪かった;;

最初は見向きもされず根気強く与えていると諦めて食べるといった感じでした。大きさも大きいのだと3㎜ほどになり当時の一番小さいディスカスには大きすぎるのもありすぐにやめました。

そして次に与えたのがコペポーダ。大きさも1㎜程度とちょうどよくブラインシュリンプの次のエサに非常にちょうどいいと感じました。

f:id:rozsa0302:20180917234847j:plain

しかしこれも食いつきがいまいち。ミジンコほどではありませんがハンバーグやブラインシュリンプと比べると好んで食べている感じはしない。これ系の細かいエサはバクバク食べてくれないとすべてろ過フィルターに吸い込まれてしまうので無駄になってしまいます。

亜硝酸を検出したこともあり水を汚すことなくばくばく食べてくれる良いエサはないかなぁ…

と探したどり着いたのがミジンコでした。

ミジンコはだめだったろって話ですがこのミジンコはただのミジンコじゃないんです。

生きてるんです!

f:id:rozsa0302:20181018173808j:plain

よもやお金を出してミジンコを買う日が来るなんて夢にも思いませんでした。

f:id:rozsa0302:20181018173922j:plain

非常に活きが良くぴょんぴょん跳ねるように泳ぎ回っております。

さっそく半分ほど与えてみました。

食いつきは抜群です

冷凍ミジンコは見向きもされなかったのに……動くものに食欲をそそられるというのは本当のようです。

しかしこの活ミジンコ。この400mlの容器で1000円程度します。こんなもの毎日与えていたら破産してしまいますね。

なので

f:id:rozsa0302:20181018174526j:plain

培養しております

これも比較的簡単でわちゃわちゃ増える(笑)

f:id:rozsa0302:20181018174836j:plain

少しわかりにくいのですがこの点々がすべてミジンコです。

あっという間に増えてくれました。

生まれたてのディスカスには大きすぎるのでブラインシュリンプでなければなりませんがある程度大きくなったらミジンコのほうがよさそうです。

なんせ管理が圧倒的にだからです。卵の殻に悩まされることもないですし環境を整えれば勝手に増えるので余ったからと言って捨てる必要もありません。

容器を増やしてさらに培養すればウハウハ倍々ゲームの始まり!もしかしたら1000円で成魚までのエサ代を賄えたかもしれません(・∀・)

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
応援クリックよろしくお願いします!