ディスカスな日々

ディスカスの飼育日記。その中で有益な情報を発信していけたらなと思っています。

うっかり忘れていた手軽な治療法

f:id:rozsa0302:20181003230129j:plain

調子の悪い個体が出て様子見をしていたらあれよあれよという間に2匹、3匹と調子を崩してしまっていた前回。

ブログを更新した翌日にはすべてのディスカスが黒くなって調子を落としていました。

もう腹を決めて薬浴するしかないなと思っていた時に思い出したんです。

そうそう、もっと手軽で効果の高い治療法があったやん、と。

それがこちらを使った治療法、そう、塩浴です。

これねー、すごいんですよ。やっぱり薬は効果は高いですがお値段も高いですし副作用もあります。その点塩は安くて効果が高い!

ディスカスに限らず魚が調子落としたなーって思ったらこの塩浴をやると大概元気になってしまいます。

塩浴は0.3%~0.6%くらいの範囲でやるのが一般ですがやっぱり最初は軽めからと0.3%で始めることにしました。

では早速塩を入れてみようと入れる量を計算してみたら……

我が家の水槽容量57L。これの0.3%なので57000×0.003=171g

f:id:rozsa0302:20181008185012j:plain

え?多くね?

0.6%ならこの入れるの?死んじゃわない?

めちゃくちゃ不安になったので何回も計算しなおしたうえ間違っていないかネットでも調べましたがこの量とのこと。

人間で言えば致死量です。

怖いので3日に分けて小分けで入れていきました。身体が弱っているときは食も細るし免疫も下がるので食事の量も控えめ。1分で食べきれる程度の少量を1日1回与え少しずつ塩分濃度を上げていきました。

そして現在、塩浴4日目。濃度0.6%

f:id:rozsa0302:20181008190054j:plain

げんきになったーー!!

とりあえず寛解しました。近づけばエサを求めてこのようによってきますし隅に隠れっきりということもありません。お腹が減ってることもあってダブルで効果がでたかと思います。

しかしまだ完治とはいかないようです。この写真を撮った時は比較的元気でしたがまだ黒く発色の悪い時がありますし以前と比べるとじっとしていることが多く運動量が少ないです。

f:id:rozsa0302:20181008190533j:plain

そして気になるのがこの症状。

一日一回、少量のエサしか与えていないはずなのにこの腹の膨れよう。ワイルドじゃないから寄生虫は除外して考えていましたが調べてみると腸管鞭毛虫症という病気の可能性が出てきました。

本来改良品種は一生を水槽の中で過ごすので外部からの持ち込みがなければ寄生虫にはかからないはずです。ですので疑わなかったのですがこの鞭毛虫はもはや常在菌みたいな存在で人間で言うと悪玉菌みたいな存在でしょうか。

普段は悪さをしないのですが水質が悪化したり、体調を崩したりするとこれが腸内で異常繁殖しお腹が膨れることがあるそうです。

治療にはフラジールというお薬を使いますがそれは最終手段。確定診断も出来ないので塩浴を続けながら虫下しハンバーグを与えて様子を見ようと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
応援クリックよろしくお願いします!