ディスカスな日々

ディスカスの飼育日記。その中で有益な情報を発信していけたらなと思っています。

金魚は決して初心者向けではない

ディスカスは難しい」初心者は避けたほうが良い魚No1と言ってもいいかもしれません。それくらい先輩方の認識は一致しており私は今のところ「ディスカスは簡単だよ」と発言されている方には会ったことがありません。

しかし私は言いたいのです。

金魚のほうが難しいから

金魚こそ初心者向きじゃないから

ということで今回は金魚の話をしたいと思います。

f:id:rozsa0302:20180920213413j:plain

本当に金魚は初心者向きか

私のアクアリウム歴の中で一番飼育経験が豊富なのは金魚です。そして最も殺した魚も金魚です。

私の知識と経験は金魚の屍によって築かれたといっても過言ではありません。

その経験の中から金魚飼育のコツは以下の3点です

見つめてはいけない

お魚を水槽に放ったら何をしますか?そう、観るんです

しかし住み慣れた水槽から突如網にすくわれ見知らぬ水槽に放り込まれた金魚たちは不安でいっぱいです。自分はどうなってしまうのかとガタガタと震えている中水槽の外からは巨大な二つの目がギョロギョロと自分たちを嘗め回すように見続けてくるのです。人間なら発狂してしまいますね。

金魚もストレスで死んでしまいます。

これは観賞魚全般に言えることですが特に金魚はストレスに弱いように感じています。特に改良を繰り返した姿かたちがユニークなものや最近生み出された品種などは特に弱いです。

f:id:rozsa0302:20180920213641j:plain

金魚たちが「この人はエサをくれる良い人だ」という認識を持つまで、最低でも危害を加える人ではないという認識を持つまではあまり見つめないほうがよいです。見つめる場合は水槽から十分に距離をとって遠目で楽しみましょう。

頻繁な水替えはよろしくない

水替えは観賞魚を飼うために必ず必要になることです。しかしその頻度は考えなければなりません。水替えは魚に取って引っ越しに近いです。誰しもが住み慣れた家が一番落ち着きますよね。特に金魚はストレスに弱いのでディスカスのように毎日換水なんてやってると確実に弱り、死亡率を上げます。

幸い金魚は水質にうるさい魚ではないので換水の頻度が少なくても問題ないです。むしろ頻繁に水替えを行うほうがダメージになる場合があるので注意してください。

エサを与え過ぎない

金魚を殺してしまう第一位かもしれません。金魚は非常によく食べます。与えたら与えただけ食べます。その結果死に至ります。特に連れてきてまだ日が浅い、換水をしたばかりの時は金魚たちはストレスを抱えています。ストレスがあると生物というのは免疫が弱るのです。そんな中エサを大量に食べると消化不良を起こすのです。

また冬場も注意しなければなりません。冬場は水槽の水温が一桁台まで下がるので金魚たちはほぼ冬眠している状態です。でもエサを与えるとしっかり食べます。どうなるか、そう、消化不良です。

金魚の死亡は家に連れてきた1週間以内が最も多いですがここを乗り切るとこの冬場が最大の関門です。冬場にエサを与え過ぎるとどんどん死んでいきます。原因は低水温による消化不良です。

魚は基本的に飢えに強く出来ていますが金魚はその中でも別格で強いです。1ヶ月エサを与えなくても平気で生きていますし、冬場に関しては2か月に1度程度のエサやりでも普通に冬を越せます。

むしろ2か月に1度程度のエサやりのほうが冬を越せる確率が高いです。

※ちなみに冬場の問題はヒーターを入れれば解決します。

 

みなさん、自分が初心者だったときのことを思い出してください。なぜ観賞魚を飼い始めましたか?

それは鑑賞するためではありませんでしたか?

また鑑賞したいだけの人は恐らく観賞魚を飼わないと思うんです。なぜなら観たいと思った時に水族館なりペットショップなどに行って眺めれば良いからです。

観賞魚を飼う醍醐味は世話することだと思うんです。エサを与えたり掃除したり等々。

そういう意味で言うとエサは与えない、見ちゃいけない、掃除しちゃいけないなんていう金魚が初心者向けですかとう話なんです。

そう、初心者は世話を焼きたがる、観察したがるものなんです。だから愛らしくエサを食べる姿についついたくさんエサを与えてひっくり返ったり、恐怖でブルブル震えている金魚を見つめ続けたりして殺しちゃうんですね。

長寿なうえ大型化するのも初心者に優しくない

f:id:rozsa0302:20180920214439j:plain

金魚すくいなどで見かける愛らしいサイズからは想像がつきませんが金魚はうまく育てると10年以上生きますしサイズも20cmくらいまで育ちます。

私が生まれる10年前に父が金魚すくいで手に入れた10匹の金魚たちはすくすくと育ち私が生まれたころには120cm水槽で飼わなければならないほど大型化し、私が小学校を卒業するあたりまで生き続けました。

結果的に私はそれでアクアリウムに興味を持つことが出来たんですけどね。

いずれにせよ舐めて飼うと痛い目を見るんです。金魚というやつは。

みなさん、決して金魚は初心者向けではないですのでご注意ください。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
応援クリックよろしくお願いします!