ディスカスな日々

ディスカスの飼育日記。その中で有益な情報を発信していけたらなと思っています。

7年ぶりの水槽立ち上げ

どうも皆さん、初めまして。ロージャと申します。この度震災以来7年ぶりに水槽を立ち上げることになったので飼育日記としてのブログを立ち上げることにしました。

当面は熱帯魚の王様、ディスカスを飼育していきます。ブログタイトルもディスカスな日々としていますが将来的にはアクアリウム全般を取り扱っていけたらと思います。

その場合はブログタイトルは変更させてもらいますね。

是非とも応援よろしくお願いします!

さて、水槽立ち上げですからまずは水槽を用意しなければなりませんね。

じゃん!!

f:id:rozsa0302:20180904213157j:plain

汚ねぇえええ~~(笑)

7年間放置した水槽そのままです。下手に洗うより住み着いているバクテリアを活かせるのではとそのまま水を入れてみました。

 

それがこちら

f:id:rozsa0302:20180904214050j:plain

な、なんじゃこりゃあぁぁあぁ~~~!!

き、汚い。匂いもおかしい。いくら放置していたにしてもこれは何かおかしい。

f:id:rozsa0302:20180904215948j:plain

犯人はこいつである

水槽の底に敷く砂地をトイレと勘違いし、大分前から用を足していた模様。最悪である。

しかし猫というやつはトイレトレーニングがいらない。基本砂っぽいものを用意するとそこをトイレと認識して用を足すようになる。それはそれで不思議である。

何はともあれこれでは魚一匹飼育できないのであきらめて水槽を丸洗いすることに…

f:id:rozsa0302:20180904220303j:plain

奇麗に洗えました。余白を見ると私の部屋の汚さを推察することができますがそこは見なかったことにしてください。

ディスカスの飼育は砂地を敷かないベアタンクが基本となるのでこのまま水を入れていきます。

f:id:rozsa0302:20180904222210j:plain

なお、濾過には壁掛けフィルターを採用しました。ディスカスは水を汚しやすい魚ですので一般的には濾過能力の高いフィルターを採用される方が多いと思います。しかし実際はどうなのかということからしっかりとした本を買って勉強しようと思いました。

しかしディスカスについて書かれた本が極端に少ない!したがって情報はブログ等を頼ることになるわけなのですがこのブログの情報が曲者です。

ディスカスの飼育には濾過能力が高いほうがいいのでオーバーフローが理想、最低でも外部フィルターだと書かれたブログもあればうちはスポンジフィルターだけでやっているなんて方もいらっしゃいます。

他にも温度は30度以上必要というところもあれば25度でも問題ないという人もいてとにかく情報が安定しない。

ならば思うように試行錯誤してそれをブログにしたら有益な情報になるのではないかと考えたのがこのブログを始めるきっかけになってます。

したがってフィルターも比較的濾過能力が低いと言われる壁掛けフィルターを採用した次第です。水質をこまめにチェックし実際を見極めていきます。

とはいいつつも不安もあるのでフィルターは少し大きめ、さらにスポンジフィルターも追加で使ってます。

それでも外部フィルターやオーバーフローを採用するよりは遥かに安上がりです。これでディスカスが飼育出来ればかなりハードルは下がりますよね!

f:id:rozsa0302:20180904220937j:plain

透き通った水は美しいですね。いえ、これが普通なのですが最初の水槽が汚過ぎたのでとてもきれいに見えてしまいます。

お魚はインターネットでオークションを利用して入手します。本当はお店に行って実物を見て買ったほうが良いのですが私が住んでいるところは田舎ですのでディスカスを扱っているお店は1件しかありません。そこに望みの種がいないとインターネットになってしまうんですね。

お魚が到着するまでは水作りです。水道水のままではディスカスの飼育に適した水とは言えませんので来る間に適した水を作っておきます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
応援クリックよろしくお願いします!